板かまぼこを使って「かまぼこの飾り切り」

こんにちは、川瀬です。

 

今回は、ご家庭で簡単にできる「かまぼこの飾り切り」の紹介です。

 

かまぼこはおせちにピッタリの食材。美味しくて、日持ちが良くて、調理が簡単で。

でもそれだけではありません。板かまぼこにちょっとひと手間加えるだけで、新年の、祝いの膳の華やかさがぐっと引き立ちます。

 

新年のおせちに、飾り切りをぜひお試しください。

松─まつ─

①小板を2センチの厚さに切る。

②くしの歯のように約3ミリ幅の切り込みを入れる。

③図のように順に折り込んでいく。


結─むすび─

①小板を約7ミリの厚さに切る。

②図のように中央、左右に切り込みを入れる。

③上の部分を中央の切り込みに通す。

④下の部分も反対側から同様に通す。


卯─うさぎ─

①小板を約1センチの厚さに切る。

②かつら剥きの要領で山の約2/3程度まで薄く切る。

③薄く切った山の中央に切れ目を入れる。

④中央の切り込みに3~4回くぐらせる。


***

阿部かまの板かまぼこ「小板(紅・白)」は、仙台の老舗蕎麦屋でも長年ご利用いただいている逸品です。

 

通販の年内着のお届けは12月26日(金)18時まで(オンラインショップはお昼12時まで)承っております。

販売期間中でもなくなり次第終了となりますので、お早めのご注文をおすすめいたします。

●小板(紅・白)はオンラインショップからも単品でご注文いただけます。
●店舗でのご購入はコチラ↓
 店舗一覧 ※一部[委]のマークの店舗でもお取扱いしております。

【twitter】

【Facebook】

【当社社長のインタビュー

【品質と美味しさへの取り組み

【かまぼこ物語

【商品リニューアル 概要】

【笹かまぼこ、ほかとの違い】

【オンラインショップ】

阿部蒲鉾店 公式サイト

(コーポレートサイト)

阿部蒲鉾店公式サイト(コーポレートサイト)